<<明>>

出会うヒト明

 

出会うヒトシリーズ2巻目。

不治の病に侵されたボクの母

ボクを気にかけてくれる先輩との間に異質なモノたちは忍び寄る。

あらすじ

先輩と時を過ごすようになって半年。母が末期がんであることを知らされる。
心配し、ボクの面倒を見てくれる先輩。そんな先輩とボクの前に怪異は次々と現れる。

母を見舞う病院で、ボクら奇怪なものを目にする。それは、病室から頭を出し入れする奇妙な男–(出入りする男)

母の着替えを取りに戻った我が家には、あるものが繁殖していた--(シデムシ)

一人暮らしを始めるボク。安さに引かれて墓地の前の古いアパートを借りるも、その晩から奇妙な出来事が--(墓地の前の家)

試験に終われ、深夜の自販機にコーヒーを買いに行っただけのボク。だが、ボクが迷い込んだのは……--(真夜中の自販機)

BL×ホラーの怪談耳袋の2作目『明』。
進む恐怖。決まる覚悟。

--ボクは先輩の目を見つめて言いました。
「キスとはこういうものです」–

 

試し読みページはこちら⇒試し読みボタン

0