<<異>>

出会うヒト異

出会うヒトシリーズ3巻目。

真冬のペンションに閉じ込められたボクたちは

最上級の「異質な」恐怖に見舞われる。

あらすじ

ゼミの旅行で訪れた「ペンション・トワ・エ・モア」
スキー旅行だとはしゃぐ友人と、いつもどおり控えめな先輩。

オーナー夫婦は誠実そうで、高校生の娘さんが馴れ馴れしいことを覗けば、ボクはこの旅に満足して帰ることができた……はずだった。

深夜、ボクは不自然な物音に目を覚ます。それはまるで吹雪の中、雪を掘り続けるかのような……。――(掘る音)

誰もいないペンションでボクらは料理をすることにした。キッチンの中で見た出来事は、幻か現実か。ボクたちは吹雪の中に閉じ込められた。――(キッチンの怪異)

雪のちらつく山道で、ボクらは「何か」に追われていく。繰り返し繰り返し抜いていくアレは……。――(抜いていく車)

教授から聞かされたことの顛末。ボクと先輩は互いを求め、全てを忘れようとしたが……。――(憑いてきたモノ)

BL×ホラーのシリーズ3作目。
今回はペンションに焦点を当てたロングストーリー。
結ばれる二人。背徳の感情と浸透する恐怖。

――先輩がボクを受け入れてくれたように、ボクもこの恐怖を受け入れよう。だってボクはもう……。

試し読みページはこちら⇒試し読みボタン

0